best gift

喜ばせるため

長寿のお祝いに電報を贈りませんか

プレゼントの種類には様々なものがあります。相手の年齢や性別によって喜ばれるものは違いますので、贈る方もいろいろ迷います。特に年齢の高い、自分よりも目上の方に贈る時には失礼にならないようにと迷うことが多くあります。 こういった場合には電報がオススメです。還暦や米寿など長寿の大きなお祝いごとには花を添えるとなお良いでしょう。この世代の方々にとって、電報はなじみの深い、親しみの持てるものですし、記念に残すにしてもかさばることもありません。最近はブリザーブドフラワーを添えた電報が華やかで好評です。写真立てになっていたり、綺麗なケースに収まっているものならインテリアとしても長く楽しむことができます。電報料金に数千円プラスすることにより贈ることができます。

これからの使われ方について

電報は電話のない時代から緊急の連絡手段として使われてきました。しかし、各家庭に電話が普及し、最近は個人でも携帯電話を持っていることが多くなっていますので、電報は冠婚葬祭の時に使われることが大半です。緊急時には紙切れ一枚だったものが台紙付きになり、デザインも様々なものが出てきました。ぬいぐるみやブリザーブドフラワーがついたもの、お悔やみならお線香がついたものがよく知られています。 これからも電報は緊急用として使われることは考えづらいですが、気持ちをプラスしたプレゼントとして広く使われることになっていくと思われます。メールでは伝えきれない温かい気持ちを伝えるには、電報はちょうど良い手段だと考えられます。

価格について

結婚式に関しては、それぞれの時代を反映したセレモニーが実施される事が多くあります。中には、時代を経ても変わらないしきたりなども存在しています。そこで引き出物についても確認しましょう。

人に送る

胡蝶蘭は古くから、祝のときに送る花として利用されて来ました。最近では胡蝶蘭の種類もかなり増えており、様々な人が利用するようになったのですが、以前とはどのような違いがあるのか紹介します。